2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォトアルバム

最近のトラックバック

« カレッジスポーツの最前線より vol.4 | メイン | 新主将あいさつ »

2014年11月24日 (月)

from NFL #3

_14086

In the United States, football is a part of our culture, much like sumo wrestling is part of Japanese culture. Americans love the speed and aggressiveness that it takes to play the sport of football. In America, football draws the most fans, and gets the most attention. At any level, whether it is professional, college, or high school, football is king.

 

However, to say that the sport of football is all about the actually game would be a lie. This really surprises football fans in other countries, who may be used to showing up at the game, cheering, and then heading home. While a football game in the United States is what everyone goes to see, there is much, much more to the experience than simply the game.

 

What makes football America’s favorite sport is something called, “Tailgating.” This word is derived from the back part of a truck that folds down, which is known as a, “tailgate.”  Tailgating started out as such, with fans folding down the back ends of their trucks in order to have somewhere to place their food, drinks, and other party items. Nowadays, tailgating just as important as the actual game, with some fans arriving at the stadium days before the game. These fans cook, barbeque, drink, play games, cheer, and mingle with the other thousands of fans that are tailgating around the stadium. In fact, tailgating has become so exciting and magical, that fans who don’t even have tickets to the game will still show up and tailgate!

 

To be a player in this environment is also extremely special. In the United States, at the college and professional levels, all teams arrive to the stadium together in buses. Just imagine being on the bus with your teammates as you pull in to the other team’s stadium. As your bus begins driving down the small road leading to the stadium, you can see a wall of fans on both sides, tailgating, waving the other team’s flag, yelling at you, and cheering for the other team. This passion is what I love most about football.

****************************************************

相撲が日本の文化の一部であるように、フットボールはアメリカの文化の一部である。アメリカ人はフットボールというスポーツをプレーするときに必要とされるスピードや攻撃性が好きだ。アメリカでは、フットボールは最も多くのファンを引き付け、最も多くの注目を集めている。プロでも、大学でも、高校でも、どんなレベルでも、フットボールは”King”なのである。

しかし、フットボールというスポーツを語るにあたって、実際の試合が全てである、とするのは嘘であろう。試合に足を運び、応援し、帰宅する、といった流れに慣れている他の国のフットボールファンにこの話をすると、非常に驚かれる。アメリカでのフットボールとはアメリカ人みんなが見に行くものであると同時に、ただの試合を遥かに超えた体験ができるものなのである。

 

フットボールがアメリカで人気スポーツとなっている要因は”Tailgating” (補足:tailgate partyアメフトの試合の前に駐車場でハッチバック車の後ろ扉を開けて行われるパーティー)と呼ばれているものである。この言葉は一般には”tailgate”として知られていて、トラックの荷台を出せる部分に由来している。このテイルゲートパーティーはファンが食べ物や飲み物、パーティーに使うものを置く場所にするために自分たちのトラックの荷台を開け放っていたことから始まる。最近では、テイルゲートパーティーは実際の試合と同じくらい重要なものとなっており、試合の前日からスタジアムに着いているファンもいるほどである。こうしたファンはスタジアムの周辺でテイルゲートパーティーに参加している他の多くのファンたちと一緒になって、料理をしたりバーベキューをしたりお酒を飲んだりゲームをしたり会話を交わしたりする。実際、テイルゲートパーティーはとても楽しいし魅力的なので、試合のチケットを持っていないファンでもスタジアムに足を運び、テイルゲートパーティーに参加するのだ!

 

こうした環境下で選手をしていることもとても特別なことなのである。アメリカの大学やプロチームでは、どんなチームでもバスに乗ってみんなで一緒にスタジアムに行く。チームメイトと一緒にバスに乗って、敵チームのスタジアムに乗り込む時のことを想像してみてほしい。自分の乗ったバスがスタジアムへと続く小道へと入っていくにつれ、道の両側にファンの壁ができていて、テイルゲートパーティーをしていたり、敵チームの旗を振っていたり、自分のチームのブーイングを大声で叫んでいたり、敵チームの応援をしていたりするのが目に入るだろう。私がフットボールで一番好きなのはこうした熱さなのである。