2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォトアルバム

最近のトラックバック

« Goods News | メイン | 第7回新入生紹介 »

2015年8月27日 (木)

過去の立命戦を振り返る

明日、8月28日(金)は立命館大学戦です。

京都大学と立命館大学との過去の対戦を振り返りました。

 

立命

 

京大

2000

10

-

17

2001

13

-

0

2002

31

-

3

2003

31

-

0

2004

33

-

7

2005

26

-

7

2006

37

-

0

2007

51

-

0

2008

14

-

13

2009

27

-

3

2010

24

-

13

2011

10

-

0

2012

29

-

0

2013

2

-

20

2014

38

-

7

 

2000年。前半を3-3の同点で折り返す。後半開始直後のキックオフでTDに持ち込み10-3と勝ち越すも、その後立命のパスで一気に攻め込まれTDを許す。10-10と試合は振り出しに戻る。試合が動いたのは第4Qの終盤。京大QBが自らボールを運んでTDをもぎ取り、相手を突き放した。この時、残り時間6秒。立命最後の攻撃も京大がインターセプトし、試合終了。

 

しかし次春41-3と大きな力の差を見せつけられ敗北を喫してしまう。

それ以降、京大は13年間立命に勝利することはなかった。

 

13年の月日が流れ、2013年11月8日金曜日 西京極陸上競技場にて

京大4勝1敗、立命5勝0敗。優勝戦線の生き残りをかけた試合に臨んだ。

18:40Kick Off 第1Q、京大がFGで先制し、3-0。続く立命のドライブ。京大はエンドゾーン間際まで攻め込まれるも、相手キッカーがFG失敗。その後は京大がリードを守り、第2Q中盤まで互いに拮抗した展開に。こう着状態を打開したのが京大オフェンス。パスとランを織り交ぜた攻撃で立命を翻弄し、2度目のFG成功に繋げる。6-0。このリードを、立命再三のFG失敗、TDを防ぐ京大のハードタックルで死守した。後半も依然として京大ペースで試合は展開。畳みかけるように第3Qで京大はTDを重ね20-0。その後、意図的な自殺点を与え20-2で試合終了。13年ぶりの勝利となった。

 

2014年

京大1勝4敗、立命5勝0敗で迎えた第5戦。もう後がない京大。昨年の雪辱を果たすべく気合い十分の立命。意地と意地のぶつかり合いとなったこの試合で、38-7と大きく点差をつけられ京大は敗北を喫した。

 

そして2015年8月28日金曜日。ついに迎える初戦の相手は立命館大学。

13年間の沈黙を破った2013年と奇しくも戦いの場は同じ。

再び勝利する舞台は整った。

 

2015年8月28日(金)@西京極陸上競技場18時40分Kick Off

ぜひ会場でご声援のほどよろしくお願いします。