2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォトアルバム

最近のトラックバック

Adam

2014年10月18日 (土)

from NFL #1

Adam


今年9月からチームの一員になった、アダム・スワードコーチ。

NFLでLBとして活躍した経歴を持つ彼の連載が始まります。

本場のフットボールについてや日本に来て感じたことなど、様々なことを語ってもらいます!お楽しみに!

********************************************************

 For me, daily life in Kyoto is absolutely fascinating. The first thing that strikes me is how convenient a bicycle is. For those that have never lived in a gigantic city, such as Mexico City or Beijing, getting around can be really tough at times. Most destinations are too far for a bicycle, and rush hour can be a mess, regardless of the method of transportation that you choose. I love jumping on my bike and peddling around the city, especially when the weather is beautiful, which is often. When it does get a little warm, I make sure to head over to the local kakigori shop for something to cool me down.

 Coaching football at Kyoto University has been both extremely challenging and rewarding. The challenge lies in the fact that quite a few of our incoming freshman have never played football. My job is to teach basic football fundamentals, such as blocking, tackling, and pass coverage skills. In just the first week, I have seen a huge improvement our players, which attests to the intelligence that these student-athletes possess here at Kyoto University. Being able to influence and witness the growth of a player is probably the most rewarding part of being a coach.

 Few understand what these student-athletes go through on a daily basis. For the normal college student, a typical day may consist of school from morning until the afternoon. After class, there is usually some free time, followed by homework. For the football players at Kyoto University, breakfast is served every morning at 7:30, followed by school until around 16:00. Two days per week, players must lift weights at the team facility, followed by a grueling, two-hour practice. At 20:30, it’s time for dinner, and then an hour meeting to watch practice and study football plays. It is not until 22:00 that players finally get a chance to return home and begin their homework. After getting some sleep, the players are back at the team facility for breakfast the next morning. As someone who went through a similar schedule during my days as a student-athlete at the University of Nevada, Las Vegas, I have a tremendous amount of respect for our student-athletes.

  私にとって、京都での生活は本当に魅力的なものだ。まず印象的なのは自転車の便利さである。メキシコシティや北京のような巨大都市に住んだことのない人たちにとっては、そこで移動することが大変だと思うことがあるかもしれない。巨大都市ではほとんどの目的地が自転車で行くには遠すぎるし、それ以外のどの交通手段を使っても通勤・通学時間となると人でごった返すことになるからだ。京都ではそのようなことがないので快適である。私は自転車に飛び乗って街を走るのが好きだ。天気が良いときが多く、そういう時は特に気持ちが良い。少し暑くなったら、涼むために近くのかき氷屋さんに向かうことにしている。

  京都大学でフットボールのコーチをすることには困難とやりがいの両方がある。困難は、ほとんどの新入部員たちがフットボールの経験者ではない、ということに起因する。私の仕事は新入部員にブロックや、タックル、パスカバーのスキルといったフットボールの基本を教えることだ。教えはじめて一週間しかたっていないが、選手の著しい成長には目を見張るものがある。これはここ京大の選手の持つ知性の証である。こういった選手の成長に影響を及ぼし、見守ることができるのがコーチとして最もやりがいを感じる部分なのではないかと思う。

  選手たちが日頃どのような生活をしているのか、ほとんどの人が知らないだろう。一般的な大学生であったら、朝から夕方まで授業に行き、その後は少しの自由時間をすごして、課題をこなす。しかし京大の選手たちは毎朝730に朝ごはんを食べ、そのあと1600ぐらいまで授業を受ける。週に2日は選手たちはチームの施設でトレーニングをしなければならないし、そのあとにはへとへとになる毎日2時間の練習が待っている。2030には夕食を食べ、それから1時間のミーティングがあって練習のビデオを見たり、フットボールのプレーの勉強をしたりする。2200になってはじめて選手は家に帰れて、学校の課題をすることができる。いくらか睡眠をとったあと、次の日の朝、朝食のために選手たちはチームの施設に戻ってくる。ネバダ大学ラスベガス校で選手をしていたころ同じようなスケジュールをこなしていた者として、このチームの選手たちを誇りに思う。